海外「細目ですが、何か?」インドのとある州の大臣がダークジョークでネット勝者になってる

Because I have Small Eyes, Less Dirt Enters: Nagaland Minister Temjen Inma
【「細い目ですが、何か?ゴミが入らなくて結構お気に入り」ナガランド大臣 Temjen Inma】

独身であることをおススメしたり、ダンスをしたりでネット上で人気の Temjen Inmaが細目についてジョーク
「細目ですが何か?いいこと多いんですよ、よく見えてるのにゴミは入りにくいし、退屈な会議で眠たくても、ばれないし」
おお、ユーモアと皮肉の絶妙なブレンド
細目+メタボな
キライじゃない
テディベアに似てる
冗談でなく彼のようなリーダーって重要なんだよ
インドで中国人のように見えるだけで、お店に入れなかったりするし、少数民族にとってコロナで生活はますます苦しくなってるから
北東部の人って、この国の中でも、分別があり、謙虚でオープンマインドだよね
彼は続いて、空港でインド人なのに「外国人料金を払え」って言われた話してるよね
同じ経験があるよ
インド人だって言ってるのに中国から来たのか、韓国から来たのかって延々問い詰められてさ
偽のIDを作って詐欺をしていると言われたりしたが、たまたま空港で働いていた北東部(ナガ)の人が問題を解決してくれて助かったんだよ
大臣がインドの空港で「ナガランド出身のインド人だ」って言っても「どこの国だよ?スイスの近くか?フィンランド辺りか?」って聞かれたって言ってるけど、インドの多くの州でナガランドの地理について学校で教えてないのが現状だから
言っとくけど彼が細目をジョークに変えたからといって、おれらが細目の人をからかっていいわけじゃないからな
私は自分の小さな目をとても美しいと思ってるよ
彼が発信したのは自身を使ったダークユーモアだよね
厳しい話題を自らジョークにすることと、厳しい話題を野次馬がジョークとして扱うことは全然違う、わかってるよ
インド人として、新しい世代がインドに蔓延する内なる人種差別に目を向けてくれることを嬉しく思うよ
私たちは民主主義を自称しているけど、それはまだ机上の空論
その変化は10-20%の都市人口にしか反映されてない
古いものが消え、新しいものが入ってくるまで、この国はまだ苦しみ続けるだろうね
また、この悪しき習慣を根絶するために、これから農村レベルにまで教育を提供する必要があるんだ
とてもシンプルで真実味のあるスピーチだな
傲慢なところが全然ない
すべての言葉に敬意があり、謙虚な要求がある
世界中にユーモアあふれるリーダーが増えることを願うよ
インド人だけど、実際彼の動画が人気にならなければ、北東部の抱える問題なんて全く知らなかったよ
南部の政治家が、空港でもしこんな目にあったら、怒って列車50台は燃やしてると思う
ナガの人ってヒンディー語を訛りなく話すからびっくりすることはある
ヒンディー語を話すことをよく思わない民族もある中でナガの人はそれを受け入れているんだよね
人種差別ってその多くが内なるコミュニティの中で行われていることを認識し始める必要があるよね
私はモン族アメリカ人なんだけど、私たちのコミュニティでは、くだらない理由で互いに憎しみ合っているんだ
自分の国では非常にセンシティブな話題を、こういう風に語ってくれて
なんかとても嬉しいよ
なんか見て2分で愛着わくんだけど、彼に
攻撃的にならずにシリアスなメッセージを伝える良い見本だな
potetomemo - にほんブログ村
Let's share this post!

Comments

コメントを書く